犬のシグナル、理解できますか?

近年、犬のボディーランゲージが紹介されるようになってきました。

数あるボディーランゲージの中で取り上げられるのが「カーミングシグナル」。

ノルウェーのトウリッド・ルーカス氏が発表した「落ち着きをもたらすためのシグナル」です。

相手を落ち着かせるためのシグナルや不安、緊張を表すシグナル、何かを伝えるシグナルなど

27種類があるそうです。

 

この27須類、特に難しいものではなく日常でよく見かけるような犬の仕草が多いです。

 

たとえば「あくびをする。」

クドクドと愛犬をお説教している最中にモワ~~~ッとあくびをされて、「聞いてるのか!」と

怒った経験はないでしょうか。

ところが「あくび」は、自分や相手に「落ち着いて」と伝えている、または「やめてくれないかな」と

思う時の仕草だそうです。

 

首をカッカッと掻く行為も、実は「嫌がっていたり、やめてほしい時の表現」。

 

なるほどわかりやすそうだし、これなら自分にも理解できるはず。

もしもこれで犬の気持ちがわかるようになれたらと、自分の愛犬を観察してみました。

 

ところがいざ見てみると、やっているやっている、実に頻繁にこういうあくびや首をかく動作をします。

愛犬の苦手な歯磨きをしようとすると、確かにあくびを連発。これはやめてよと言ってるのでしょうか。

歯磨きは原因がはっきりわかっていますが、愛犬と一緒に遊んでいる時などは

顔を近づけてもあくびする、手を口もとに持っていくとあくびする、

近くで人間が体操しているだけでもあくびする。それもいや?そんなことまで嫌いなのかと思うほど

ひんぱんにあくびをしています。

これがすべて「いやだな」のあくびなのか、違うものもあるのか。それが素人には確信がありません。

 

首を掻く行動も、本当に首がかゆい時は?何か違いがあるのでしょうか。

 

こういうのは前後の脈絡やその時の様子で判断するらしいですが、

せっかく意味を解説していただいてもやはりなかなか実際には、疑問がさらに疑問を呼ぶ結果となりました。

「カーミングシグナル」は、解説で理解できても

使いこなすのにはなかなかの熟練が必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>