犬と野菜

ワンちゃんの栄養バランスを気にしているご主人様は大変多いと思います。年齢や体格に応じたバランスの良い食事を与え、体に良いおやつをあげ、サプリメントで不足分を補う。どこまで気を使ってあげて必要とするのかは飼い主さん次第ですが、実際にその子に合うご飯をあげていると毛質が大変良くなり、食事を変えた途端に毛がパサパサになった…なんて分かりやすく表れてしまう事もある為、スキンシップが多い飼い主さんにとっては気にせずにいられない問題だと思います。

 

さて、よく“ワンちゃんには野菜は必要ない。”なんて話を聞く事もありますが、実際にはどうなのでしょうか?

専門家いわく『与えていけなくは無い』という意見が多いようですが、その理由はワンちゃんは人間と同じ雑食の動物であるが、草食動物程腸が長くない為に消化はされ難いので、害の無いと言われている野菜を少なめに取る事が理想なようです。「日本人は農耕民族だったので腸が長くお肉が合わない人が多い」と言われていますが、調度真逆な感じなのですね。

 

ワンちゃんは野菜をとる事によって腸内の清掃を行ってくれる為、適量を摂取するのは体に良いと言えそうです。ちなみに、たまにワンちゃんは草を食べて吐くなんて行動をしますが、楽しくてブチブチとちぎって食べている場合もありますが、胃腸の調子が悪い時に食べ胃の調子を整えようとしている場合も多いそうです。

 

ワンちゃんに与えてはいけない野菜ですが、玉ネギ・ネギ・ニンニクは代表です。赤血球を破壊し大変な事態を引き起こしてしまします。これらは絶対に与えてはいけないとされています。

ナス・トマト・ピーマン・じゃがいも等のナス科の野菜は関節炎や寄生虫感染・アレルギー症状が起きている際には与えない方が良いみたいです。他にはキャベツ・白菜・ブロッコリー・大根・カブ等のアブラナ科の野菜はヨウ素吸収を阻害する為に、甲状腺の悪いワンちゃんには与えない方が良いみたいです。

健康なワンちゃんでもこれらの野菜は取り過ぎない方が良いとされていますので、あげる際には茹でた野菜を適量あげるというのが一番体に良い方法と言えるかと思います。

愛犬の調子を見ながらバランスの良い食事を与えて健康なワンライフを送らせてあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>