犬の社会性

人間が親や学校の先生から長い時間をかけて「社会性」を学ぶのと同じように、犬にも社会性を学ぶ時期があります。人間よりもずっと寿命の短い動物です。社会性を学ぶ大切なその時期は本当に一瞬のことです。

その大切な時期に親や親代わりとなる犬から離されていると、その犬は社会性を学ぶことなく成長してしまいます。

そうするとどうなるでしょうか。

まずは人間の子どもで考えてみましょう。
極端な例を挙げますが、親に全く怒られたことのない子どもがいるとします。
想像してみてください。本来するべき家庭での教育を受けていない子どもがどうなるか。きっと、とても横暴で横柄な子に育ってしまいますよね。協調性に欠け、他の子どもたちとうまくコミュニケーションが取れないかもしれません。

犬も人間と同じです。社会性を学び損ねた犬は、成長してからも他の犬と仲良く遊ぶことが難しくなります。他の犬を怖がる犬に育ってしまうからです。
人間のように言葉を話せない動物だから、中には攻撃的になってしまう子もいます。
我が家で柴犬を飼っていますが、その子はまさに社会性の身についていない犬に育ってしまいました。
その子は本来、親犬から社会性を学ぶ時期に我が家に来ました。先住犬(先に飼っていた犬)が親代わりとして社会性を教えようとしてくれたのですが、それをも阻害してしまいました。先住犬が新しくきた子をいじめているのだと思い、当時は叱っていました。
結果的に、社会性を学ばない犬へと育ってしまいました。

我が家の柴犬の場合、他の犬と一切関わらない子になってしまいました。他の犬が近づいたら逃げ、それでもまた近づいたら噛みつくその様子は、他の犬を怖がっているようです。
その子にとって大切な時期に社会性を学ぶ機会を奪ってしまったことはひどく悔やまれます。新しく子犬を飼い始めた今、同じ過ちを繰り返さないよう柴犬を除いた先住犬たちに新しい子の社会性の教育は任せています。

犬の社会性を培い、犬同士の交流を深める、犬専用の幼稚園も存在するようです。そういった専門的な技術と知識のあるトレーナーさんや施設を利用することもひとつの手だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>